ビジネスモデル・ジェネレーションとリアルタイムドキュメンテーション

SakaeUXセミナー「ビジネスモデル・ジェネレーション」に参加してきました。ビジネスモデル・ジェネレーションは、一度やってみたかったので、体験することができてよかったです。ただ、今回良いアイデアが出せなかったなぁといろいろと反省しました。議論が停滞しないようにいろいろ発言しないとなぁと。

モチーフ企業となっていただいた株式会社ファイテックの商品を代表の林さんよりご紹介いただきました。このファイテックの商品、機能紹介ムービー1を見せていただいたのですが、見れば見るほどすごい商品で、この時点で何が提案できるんだろうとちょっと打ちのめされてしまいました。

今回はじめて拝見したのですが、常葉大学の学生さんによるリアルタイムドキュメンテーションは感動しました。UX Shizuokaに参加されている常葉大学の学生さんはみんなこのリアルタイムドキュメンテーションができるらしく、すごかったです。5チームのそれぞれが新しいビジネスモデルを考えるという実習の中で、Dチームに常葉大学の学生さんが一緒についてリアルタイムドキュメンテーションを行っていました。最後の発表で、Dチームの純粋な発表とリアルタイムドキュメンテーションによる振り返りとがそれぞれあったのですが、チームの中では捨ててしまったアイデアとかも掘り起こしたりできそうだなぁとか、どういう思考で結論まで至ったかなど、単純な議事録ではみえにくい部分が可視化されていました。進行、発話、行動、特記(特記は記録者が話を聞いていて気になったことなどをメモるらしいです)とそれぞれ記述していくのですが、最終的なボードも丁寧にまとまっていて感動しました。

先日の工藤さんの記事2じゃないですが、若い人に負けられないと危機感を感じたセミナーでした。


yamada takuo

有限会社アップルップル デザイナー

カメラと自転車と本屋が好きです。愛知県岡崎市在住。