Podcastとタスク管理と育児について

いつもリスナーとして聞いているAutomagic Podcastに縁あって呼んでいただきました。

ヤスヒサさんのPodcastは昔から聞いていたので音源を何度聞き返しても自分じゃないみたいで、変な感じです。

そのAutomagicの前々回の放送でタスク管理がテーマとして扱われていますが、このタスク管理スキルを高めるのが今年のテーマの1つだなぁと思っています。

今年の頭に子どもが生まれて、それまで当たり前のように遅くまで残業していたんですが、その働き方を改めないといけないと考え方が大きく変わりました。自分でも不思議なんですが、突然そう思うようになりました。それで会社から「残業ゼロ」の仕事力を勧められて読んでみたのですが(この本は現実から目を背けるように避けていた一冊でした)、この本を読むと残業がいかに甘えで悪かが書かれており、結構な衝撃でした。デッドラインを決めて効率をあげることで、残業しなくても業績を上げる会社全体の取り組み方が書かれています。デッドラインは基本的には翌日で、しかも残業は許さないというちょっと信じられない内容でした。早朝会議革命を読むと吉越さんが毎日こなしていた早朝会議の様子をみることができてドキュメントとしても面白いです。いきなりそこまではいけないまでも、タスクをどう管理するかの細かな話をもう少し知りたいなと思い、Automagic #102でも紹介されていましたはじめてのGTD ストレスフリーの整理術もあわせて読みました。

試しにプライベートのタスクはEvernoteで、仕事のプロジェクトはBacklogを使って、当面GTDをトライしてみようと思っています(BacklogでGTDをどうやるかまだ手さぐりですが)。Automagicの中でたにぐちさんはEvernoteを使ってやっているということを言われていたので、今度名古屋でお会いする際に詳しく聞いてみたいです。

私たちが普段行っている仕事は、次の3種類に分けられることを理解しておこう。

  • あらかじめ決まっている仕事
  • 予定外の仕事
  • 仕事を見極めるための仕事

(中略)問題は、多くの人が2番目の「予定外の仕事」に忙殺されてしまっていることだ。目の前に現れる仕事を第一にやってしまい、ほかのものを放置してしまうのだ。(中略)すべてのやることを把握した上で、入ってきた仕事をほかの仕事より優先させるのなら、何も問題ない。(中略)そうした状態であれば“予定外のこと”も、ストレスではなくて、新たな創造性を発揮できる“機会”としてとらえることができると知るべきだろう。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 第2部第9章実行より

里帰り出産で2月中旬頃から子どもと妻との3人での生活が始まりました。アップルップルの皆さんのご理解ご協力もあり、休みをちょこちょこと取らせていただいて育児もトライしてます。生まれたばかりの子どもの日々の成長を少しでも見守りたかったことはもちろんですが、育児スキルを妻に置いてけぼりにされないように、オムツ替えから、ミルク、お風呂、家事手伝いなど、1とおりできることをみにつけたいと思っています。子どもができると自分の時間はなくなるとよく言われますが、そんな中でもやることを明確にしタスクをシェアして、夫婦お互いが自分のやりたいことも少しでもできるように、子育てを楽しめるように、日々精進したいと思います。今日は妻が産後初めて買い物に3時間ぐらいでかけることができました。


カテゴリー

yamada takuo

有限会社アップルップル デザイナー

カメラと自転車と本屋が好きです。愛知県岡崎市在住。